パドックではこんな事に注意!

こんにちは、はしくれです。

今日は皆さんに

パドックではこんな事に注意してほしい

という点を説明していきたいと思います。

 

まず、この画像をご覧下さい。

これは、

先週土曜に行われた千葉日報杯の一コマです。

はしくれはこの馬を見たときに

これは中々仕上がってるな・・・。

直観しました。

 

地面と平行にスライドしていく馬体、

メリハリのある馬体の厚み、

そしてふわふわとした毛ヅヤ・・・。

実際かなり良い仕上がりで、

馬券になる馬ではありました。

ですがはしくれはこの時、

3つのミスをおかしてしまうのです・・・。

 

その3つのミスについて、

今日はお伝えしたいと思います。

 

 

第一のミス・・・馬体の緩さを妥協した

 

これはどういう事かと言うと、

馬体の輪郭がぼやけているのを認めながら

本命にした事を指します。

こちらの記事パドックの見方、お教えします!

ではお伝えしなかったのですが、

輪郭がぼやけた馬は

太め残りである事が多いのです。

その為、極限の走りが要求されるレースの中では

スタミナを消耗しやすい分、不利

と言えます。

こうなると頭(1着付け)から狙うには、

やや厳しいと言わざるを得ません。

正直少し緩いような気もするな・・・と思いましたが、

それにも関わらずはしくれは

この馬を本命にし、

単勝馬券を買ってしまいました。

これが第二のミスです。

 

 

第二のミス・・・単勝馬券を購入した

 

通常馬券には、

「一応買っておこう」

という、馬券スタイルが存在します。

かなり良く見える馬が穴馬だと、

小額で利益が望めるからです。

ですがそれを単勝馬券で狙えるのは、

あくまで緩さがない馬においてです。

一旦これを許すと、

馬券の点数があっという間に広がり、

外れたときには取り返しのつかない事になってしまいます。

ですからこのとき、

この馬が3着に入ってくれた事はせめてもの救いでしたが、

複勝馬券だけに止められなかったのは、

間違いなくミスなのです。

そして、複勝馬券に止められなかった理由には

第三のミスが関わっています。

 

第三のミス・・・モニターの音声を切り忘れた

 

これは集中して画面に見入りながら、

パドック解説者の言葉に傾聴してしまった事を指します。

通常、テレビ中継では

必ず解説者の解説が入るのですが、

この日の解説者はレベルが高く

解説には説得力がありました。

パドックに打ち込んでいる時の自分というものは、

不確実な中で手応えを探しています。

直観した手応えからは、

中々仕上がってるな・・・という印象を受けたのですが、

この解説者の「勝負するならここでしょう」

という発言に、

中々の仕上がり=3着以内

というはしくれ自身の掟も忘れて、

よし、単勝も買っちゃおう!

とつい勢いづいてしまいました。

 

勝負の世界はシビアです。

自分の判断で一応買っとこう・・・

と思ったのならまだしも、

誰かの一言に乗った代償は高くつきます。

これが尾を引いて冷静さを失い、

はしくれはこの後のレースを、連続で落としてしまいました・・・。

こういう目に合わない為にも、

パドックの最中はできるだけ音声を切るべきです。

 

まとめてみると、

・馬体の緩さを妥協した事

・直観に合わない馬券を買った事

・他人の意見に惑わされた事

この3つが原因で正しく馬券を買えませんでした。

集約するなら、

直観の邪魔をしない事

が勝利への近道とも言えます。

 

このような失敗を

はしくれは何度も経験してきましたが、

まだまだ詰めが甘いと言わざるを得ません。

パドックは奥が深く

一朝一夕ではコツが掴めません。

このような失敗も参考に、

皆様の収支改善にお役立て頂ければ幸いです。




大阪杯の予想結果

こんにちは、はしくれです。

 

今日はついにGⅠへと昇格した、

大阪杯が阪神競馬場で開催されました。

当ブログでは初のお披露目となる

はしくれの予想結果は果たして・・・!?

 

まずは購入した馬券から振り返りましょう。

 

 

昨日お伝えしました通り、

はしくれは◎キタサンブラック(5番)

○ミッキーロケット(1番)の予想で臨みました。

馬券は、◎単勝300円、○単勝100円、◎ー○馬連・ワイド各100円の計600円でした。

さあ、果たしてレースの結果は・・・

 

 

 

やりました!

見事、予想的中です!!

優勝したキタサンブラックと武豊騎手、ありがとうございます!

 

それにしてもキタサンブラックの強いこと、

はしくれはブルってしまいました。

本命にしておきながらおかしな話ではありますが、

まさかここまで強いとは・・・脱帽です。

そして対抗のミッキーロケットですが・・・。

残念、7着でありました。

 

こうして見ると上位人気馬に混じって

ステファノスが好走したと言えますね。

ただ結果を振り返るだけではつまらないので、

収支改善に繋がるように、結果の復習をして参りましょう。

 

まずは、キタサンブラックの勝因ですが

これは昨日もお伝えしたように、

今年の競馬界の流れを汲んでいた

というのが主要因でしょう。

運命と言ってしまえばそれまでですが、

やはり勝ち運というか

この馬にはそれがありました。

それだけ仕上がっていたと言う事です。

ただでさえ大型馬だったのに、

更に一回り成長したというか、

この馬の馬体の厚みには驚かされます。

こういう成長力の有る馬がやはり一番強いです。

 

そして、2着のステファノスですが

これは、マークする馬を間違えなかった

という点が一番でしょう。

元々差し脚鋭い馬ではありますが、

今回は早めに動いたのが好感です。

実績は有るのに勝ち切れないキャラクターを、

鞍上の川田将雅(ゆうが)騎手が

ルックス通りのイケメン騎乗で

見事に2着にエスコートした一戦だったと言えるでしょう。

(結局は勝ち切れませんでしたが・・・。)

これを読むのは難しかったですが

相手なりに走る馬が、

有力馬乱立の時は強いのも事実です。

これは一応、覚えておいて損はないかと思います。

 

 

そして嬉しい払戻金ですが・・・。

キタサンブラックは単勝で240円(1点100円に対して)でした。

はしくれはこれを300円買っていましたので、

240円×3=720円の払戻しがありました。

お!

取り敢えずプラスが出ましたね!

ありがたいです。

利益は薄いのですが、まずは的中が大事です。

励みになりますね。

 

今回はかなり皆様からの反応も良く

的中と合わせて二重で嬉しい結果となりました。

ありがとうございます!

また、ミッキーロケットで雄叫びを上げられなかった和田騎手の代わりに、

はしくれがここで恥ずかしながら雄叫びを上げさせて頂きます。

「ぅをらっしゃーーーーー!!!」(和田騎手ごめんなさい)

 

次回も日曜競馬の予想を公開していきますので、

是非お付き合い下されば幸いです。

 

◎単勝240円的中 計+120円

*動画はYouTube、画像はJRAホームページより参照。




大阪杯(GⅠ)を予想しました!

こんにちは、はしくれです。

今日は競馬ライターの本分を活かして

明日開催の「大阪杯」に挑戦したいと思います。

 

まず、上記写真の「東スポ」を用意しました。

数ある専門紙の中でも、

中央競馬の予想をするなら東スポがおススメです。

140円で情報豊富、いつもは薄っぺらい新聞が

土日仕様になると突然、分厚く変貌します。

なぜならば・・・

じゃん!

競馬専門紙別冊として、中に用意されているからです。

(ちょっと、分かりづらいかもしれませんが・・・)

はしくれの祖父も愛用していたというこの新聞、

これを手に、初めてはしくれが競馬予想しているのを見かけた父が

「血だね~!」

と言ったのが忘れられません。

競馬はブラッドスポーツと呼ばれますが、

予想する側もブラッドをフル回転です。

それではまず、大阪杯の出馬表を見ていきましょう。

まずは出走頭数を確認します。

今回は14頭という頭数ですが、これは程よい頭数ですね。

各馬競馬がしやすそうです。

そして、出走馬の名前を見ると

実績馬が多数揃った印象を受けます・・・。

昨年凱旋門賞に出たマカヒキ

年度代表馬に輝いたキタサンブラック

香港の国際GⅠを勝ったサトノクラウン

ちょっと見ただけでも凄いメンバーですね。

この中から本命馬を選ぶのは、少々骨が折れそうです。

こういう時は、まず近走の成績にざっと目を通してみます。

 

・・・・・・。

さすがGⅠ、どの馬も強そうです。

こういう時、どうするかというと・・・。はしくれは、

「競馬界全体の流れ」を見ます。

写真は川の流れですが・・・。

本命◎は、ヤナガワ牧場出身キタサンブラックにしました!

今年の競馬界の流れとしては、

非社台系の馬の活躍が目立ちます。

日本競馬界のリーダーである、

社台ファーム系の馬達・・・。

その本流ではない、言わば亜流であるこの馬。

これがクサイです。

そして対抗〇は・・・。

ミッキーロケット、これにしましょう。

大阪杯が行われる阪神競馬場では、

2回走って両方2着。

前走は出遅れが敗因ですし、

今回は巻き返すのでは?と期待が膨らみます。

こういう敗因がはっきりしているタイプは巻き返す事が多いです。

更にこのミッキーロケットの鞍上

和田竜二騎手は、

GⅠで勝つと「雄叫び」を上げる習性を持ち

そのパフォーマンスを是非見たいという気持ちも有ります。

この2頭で馬券を組み立てて参りましょう。

 

さあここからが競馬の難しいところです。

馬は選べても、馬券を外す・・・

なんて事は良くある事です。

単勝オッズを確認すると、

◎キタサンブラック2.5倍  〇ミッキーロケット12倍

です。

なるほど、◎キタサンブラックは1番人気ですね。

〇ミッキーロケットは5番人気・・・。

オッズを加味して買うわけですが・・・

こうなります。

 

まず、◎単勝(1着を当てる)に300円、〇に100円、

それと◎ー〇馬連(1.2着順不同)・ワイド(1~3着順不同)各100円、

これで全部で600円です。

 

このブログではしくれは、

6点までの馬券しか買わない

心に決めました。

馬券の収支改善、損小利大を考えるなら・・・。

ご参考までに。

 

*馬券の購入は成人になってから。購入は自己責任でお願い致します。