福島牝馬ステークス(GⅢ)を予想しました!

こんにちは、はしくれです。

明日は福島で行われる数少ない重賞、

福島牝馬ステークスが開催されます。

毎年波乱の結末となるローカル重賞だけに、

ここは穴馬も人気馬同様、注意が必要になるところです。

今回のはしくれの本命は?

まずは、突出したデータを見ていきましょう。

 

今回の福島牝馬ステークスには、

突出したデータが2つほど有ります。

まず、最初に挙げておきたいのが、

前哨戦で中山牝馬ステークスを使ってきた馬達の好走です。

下記の表をご覧ください。

少し薄くて見辛いのですが、

過去5年の勝ち馬の内、実に4頭がこの中山牝馬ステークスを経由しています。

これはかなり突出したデータと言えるでしょう。

では、この中山牝馬ステークスを経由してきた馬はというと・・・。

ハピネスダンサー、ウキヨノカゼ、フロンテアクイーン、クインズミラーグロ、リーサルウェポン

この5頭となっています。

おお、既にかなり絞り込むことができましたね。

では、この中でどの馬が中山牝馬ステークスで強い競馬をしたのか

それを考えてみましょう。

次のデータは中山牝馬ステークスの全着順です。

これを見ると、着順の最上位はクインズミラーグロとなりますね。

ただし、このまま馬の能力を順列にできるかというと、

そうではありません。

 

レースでは、不利を受けたり、出遅れたり、様々な要素が絡み合います。

ですから、レース映像を見て、強い競馬をした馬はどの馬か。

これを見極める必要が有る訳です。

これはJRAのホームページで確認できますが、

結論から言って、

終始外側を回らされたフロンテアクイーン(8着)と、

後方から追い込んだウキヨノカゼ(6着)は、

3着に入線したクインズミラーグロよりハンデも重い上、

コースロスが有りました。

これは着順ほどの差は無いと言って良さそうです。

 

そこで、次に突出したデータである

「馬番」を見てみましょう。

 

☆6番の馬が5年で3勝、3着1回

 

これははしくれ調べなのですが、

過去のデータをつぶさに見ていると、このデータに気がつきます。

過去5年で4度の馬券圏内。

これはかなりの好走確率です。

こういう単純なデータほど、はしくれは強いと思っています。

特に枠番というのは、そのレース特有の馬場状態を反映した結果になる事が多いので・・・。

その馬番にあたる馬とは・・・。

何と!中山牝馬ステークス経由組みの、ウキヨノカゼではありませんか!

これで本命はウキヨノカゼに決まりです。

 

さて、ここからが本題です。

データ的にはこれで本命は決まりましたが、

レースは生ものです。

過去の映像を流してみると、

先行馬が強い流れと判明します。

ウキヨノカゼは差し馬なので、とりこぼす可能性も否定できません。

そこで・・・。

2桁人気の大穴が4年連続で馬券に絡んでいる事も考慮し、

印と買い目は以下に決めたいと思います。

 

◎ウキヨノカゼ

○フロンテアクイーン

▲エテルナミノル

△ペイシャフェリス

ワイドボックスで、◎~△の計600円

 

以上になります。どうか、当たりますように!!

 

 



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です