パドックで不要な要素

こんにちは、はしくれです。

今日は、パドックの情報の中で

不要と思われる要素について

お伝えしたいと思います。

 

パドックをやっている時、

どんな事に注意したら良いのか?

という事は、以前はしくれの記事パドックの見方、お教えします!

でもお伝えしましたが、

今回はその逆、

パドックで見なくて良い点

について、お伝えしたいと思います。

 

ところで皆さんは、パドックをどこでご覧になりますか?

ある方はライヴ、

ある方は民放のテレビ中継、

ある方はグリーンチャンネルのパドック中継など

パドックを見るにも色々な場所や方法があります。

はしくれはその時の状況で

これらを使い分けているのですが、

今回は特にライヴ以外の「中継」で起こる出来事について

不要な点をお話させて頂きたいと思います。

 

 

ライヴでは起きないのに、

中継では起こる不思議な事態とは・・・?

それは特にGⅠの中継などで起こるのですが、

結論を言わせて頂くと、

今回のパドックと、前回のパドックとを比較する映像が流れる

というのがその事態にあたります。

これは放送する側としては親切心でやっている事なのですが、

これははしくれに言わせれば、絶対不要と言える話です。

なぜこれほどまでにはしくれが

この方法を否定するのかと言いますと、

「パドックは、横の比較しか意味を成さない」から

という他にありません。

 

これはパドックに打ち込んでいれば必ず気付く事なのですが、

案外、解説者からは聞かない事実です。

それどころか、縦の比較が重要とまで言う解説者も居ます。

そもそも、

横の比較というのは、

その時出走してきた各馬の、今の状態だけを見ること

なのに対して、

縦の比較というのは

その時出走してきた馬の、今回と前回の様子とを比較することです。

この縦の比較には以下の大きな矛盾があります。

それは、

今の状態しかレース結果に直結しないのに

わざわざ放送して見る側を混乱させる

という点です。

 

考えても見て下さい。

前走の状態がいくら良くても、

今回がダメだったら何の意味があるでしょう?

逆に、前回悪かった馬が良くなっていたとして、

それよりも他馬が仕上がっていたらそれも意味を成しません。

親切で始めたのは分かりますが、

これではパドック中継の時間を浪費しているに過ぎません。

ですから皆さんは、パドックに専念しようと思うとき

この「縦の比較」に付き合わないよう、よおく心がけて下さい。

 

 

情報を扱う際、重要な事の一つに、

「鮮度」というものがあります。

パドックは他のどんな予想よりも、

この鮮度で優位に立つものです。

ですから、縦の比較なんて一切必要有りません。

もちろん、その馬のクセを見抜くには使えますが、

クセと仕上がりは別物です。

収支改善を目指す以上、この事は必ず覚えていて下さい。

 

はしくれはこの縦の比較が始まると、

お茶を飲んで見ないようにしています。

今のパドックの判断に、雑念を混じらせたくないからです。

それよりも、横の比較を徹底する。

これに尽きます。

ライヴで観戦する際も、以前の仕上がりを思い出す必要は有りません。

実際、はしくれの師匠である妻は

以前選んだ馬の事を覚えていない程です。

それでも馬券は当たります。

時間は有効に使いましょう。

 



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です