皐月賞予想&アンタレスステークス結果

こんにちは、はしくれです。

ついに今日、中山競馬場で

牡馬クラシック第1弾・皐月賞が開催されます。

桜花賞、アンタレスステークスと連敗中のはしくれですが

気を取り直して予想に臨みたいと思います。

 

ところでこの皐月賞ですが、

例年になく難解な一戦となっています。

中心となる馬が見出せない為ですが、

予想のポイントはどこにあるでしょうか?

はしくれ式の予想では、

以前からお伝えしている通り

「突出したデータを探す」

事が肝心です。

今回そのデータとは何なのか?

それを先ずお伝えしたいと思います。

これは、過去5年の皐月賞優勝馬の前哨戦のデータです。

このデータから分かる事。

それは、共同通信杯経由組が圧倒的な成績を残している事です。

5年間で4勝という数字は、あまりにも顕著です。

今回、このローテーションで臨む馬は唯一頭しかおりません。

それがスワーヴリチャードです。

 

実はこのスワーヴリチャード、

競走馬としては重大な欠点が一つ有ります。

それは、レースの度に出遅れる事です。

これは正直頂けませんが、

皐月賞の歴史では

スタートで後手を踏んだ馬の好走は・・・結構あります。

さらに痺れるような末脚の持ち主でもあり、

出遅れが苦になりにくいタイプでもあります。

欠点を補うだけの成績を残している点、

能力は相当に高いと見て間違いないでしょう。

 

それよりも今年のGⅠ戦線には、

気がかりな点が一つ有ります。

それは・・・

生産界の巨人・ノーザン&社台ファームの馬が、一頭しか勝っていない

事です。

これはかなり異常事態です。

今年の皐月賞にも、合わせて約半数を皐月賞に送り出している、

この2大牧場の生産馬から優勝馬が出る確率は低くはないはずです。

それでも今年のGⅠは何か流れが違います。

今年のGⅠ勝ち馬の故郷を見ていくと・・・?

・フェブラリーS=ゴールドドリーム・ノーザンファーム

・高松宮記念=セイウンコウセイ・桜井牧場

・大阪杯=キタサンブラック・ヤナガワ牧場

・桜花賞=レーヌミノル・フジワラファーム

となっています。

まだ4戦ではありますが、

芝のGⅠで2大牧場が全敗を喫しています。

こうなると流れ的には2大牧場以外から買いたいところです。

果たしてスワーヴリチャードは・・・?

 

・・・なんと、ノーザンファーム生産馬でした!危うし!

こうなると予想が更に難しくなりますね。

頭から狙える馬が居ません。

そこで、これを逆説的に捉えて

非社台系の馬から選ぶ事としましょう。

更にそれだけでは候補が絞れないので、

晴れの良馬場で、GⅠ仕様の高速馬場になる事を踏まえると・・・。

◎ウインブライトで決着します。

 

この馬の前哨戦は、過去5年で唯一共同通信杯組を退けた

スプリングステークス経由組であります。

その上、タイムは歴代勝ち馬の中でも上位で、

出遅れ、大外振り回しのロスがあったにも関わらずの優勝と

中身は相当に濃いです。

更に出身はコスモヴューファームと非社台系であります。

相手選びは更に困難を極めそうな為、

ここはシンプルな馬券で勝負したいと思います。

買い目はこうです。

 

◎単勝100円、複勝500円。計600円です。

結論に至るまで時間がかかりましたが、

レースはたったの2分です。

精一杯このウインブライトを応援したいと思います。

 

~アンタレスステークスの結果~

土曜日に行われたアンタレスステークスの結果です。

はしくれの本命・ミツバは11着と惨敗でした・・・。

予想を参考にして下さった皆様、

誠に申し訳ございませんでした。

今回の復習は有りません。

アプローチそのものが間違っていた敗戦ですので、

修正しようがないのです。

今回のレースは、

はしくれの予想を遥かに上回っていました。

悔しい気持ちはありますが、

今回は敗戦をただ受け止めたいと思います。

本当に申し訳ございませんでした。

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です