桜花賞の予想結果

こんにちは、はしくれです。

 

今日は阪神競馬場で桜花賞が行われました。

雨の影響は有りましたが、

馬場も少し回復して

大きな歓声に包まれながら各馬出走となりました。

果たしてはしくれの予想の結果は・・・?

まずは、レースの映像をご覧ください。

 

 

 

・・・・・・。

これは驚きの結果になってしまいました。

はしくれ・・・完敗です!!

参考にして下さった皆さん、

誠に申し訳ございませんでした!!(:ー;)泣

 

一着はレーヌミノル・・・。

穴馬の快勝でした。

はしくれの馬券は全て外れで、

すってんころりんの結果でありました・・・。

今一度はしくれの予想を記しますと

◎ソウルスターリング(14番、3着)

○アドマイヤミヤビ(15番、12着)

▲ミスパンテール(16番、16着)

△アエロリット(12番、5着)

でございました。

買い目は○単勝100円、馬連◎ー○300円、ワイド◎ー▲△各100円

合計600円でした。

以下、着順画像です。

対抗に推したアドマイヤミヤビまでの着順ですが、

このような結果となっています。

残念な結果となってしまいましたが、

ここで落ち込んではいられません。

収支改善の為には、ここでの復習が大事です。

折れた心を繋ぎとめつつ、

今回の予想の良かったところから

まずは見ていきましょう。

 

良かったところ・・・。

ルメール騎手はやはり乗る馬を間違えなかった

・ソウルスターリングを軸に、ワイド馬券も組んだ事

・ソウルスターリング自身は、馬券圏内に入った

 

この3点は良かった点であります。

では、良くなかったところを挙げていきましょう。

 

良くなかったところ・・・。

馬場の影響を軽んじた

時計勝負にならなかった

レーヌミノルの脚質転換を見過ごした

 

主にこの3点です。

特に、馬場が渋って展開が変わり、

時計理論で突き詰めるには無理があった

事は、失敗と言わざるを得ません。

この理論は非常に役に立つのですが、

高速決着でない時には脆さがあります。

では、

今レースで桜と咲いたレーヌミノルの激走

を読むことはできなかったのか?

と言えば、

結論から言って可能でした。

 

その為にはまず、

前走フィリーズレビューで

レーヌミノルが脚質転換した

事実を見抜かなければなりませんでした。

 

短距離馬だと思い込んでいたはしくれは、

この点を見過ごしましたが、前走で

普段前に行く馬が中団待機で結果を出した

という点を、大いに評価すべきでした。

これは明らかに、

距離が伸びるこれからの競馬を意識した乗り方

だったからです。

この馬に対する固定概念が、それを邪魔しました。

これは大きな反省点です。

これで次回に向けてすぐにできる改善点が見えてきました。

 

それから、人気に推されたソウルスターリングですが、

この馬自身は重馬場でも行ける馬だと思いました。

それはこの、パドック画像からも明らかです。

馬体がやや細化していますが、

お尻の筋肉は半端ではありません。

こういうタイプは重馬場が苦にはなりません。

それよりも、単純にペースが落ちた事

これが問題でした。

 

上滑りする馬場では、高速決着は望めません。

この馬自身の馬場の得手・不得手よりも、

レースの流れを考えるべきでしたね。

 

以上の反省点をまとめます

①馬場悪化でレース時計がかかれば、高速決着時の論理は使えない。

②実績馬の脚質転換に注意して、固定概念に縛られない。

この2点です。

 

①は天気を知る事で、大分解決できます。

②は東スポなど、競馬新聞の馬柱で確認できます。

 

次回は皐月賞になりますが、

今度はもっと精度を上げて予想に取り組んで参ります。

このブログを読んで馬券を検討下さった皆様、

誠にありがとうございました。

また、レーヌミノルの関係者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。

 

桜花賞の結果:計-600円。

*動画はYouTube、画像はJRAホームページより参照。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です