天皇賞・春(2017)予想結果

こんにちは、はしくれです。

今日は京都競馬場で古馬のGⅠ

天皇賞・春が行われました。

晴天に恵まれ、ターフに映える17頭の優駿の中で

一際輝いたのは・・・。

 

まずは、はしくれの予想の復習に参りましょう。

印、買い目は以下の通りでした。

 

◎サトノダイヤモンド

○キタサンブラック

▲シャケトラ

△シュヴァルグラン

☆アルバート

×ゴールドアクター

この6頭を選出しました。

買い目は以下です。

馬連流しで◎ー○▲△☆×に各100円、単穴▲シャケトラの単勝に100円で、計600円。

 

それでは、早速着順の表示に参りましょう。

優勝したのは・・・!!

 

 

キタサンブラックでした!

はしくれ・・・完敗です!!もうしわけございませんでした(><)

 

しかし、キタサンブラックの強かった事・・・。

スタートを五分に決め、すんなり先行できた上に

ヤマカツライデンの大逃げを見る形の絶好のポジショニング。

このあたり「平成の盾男」の異名を持つ武豊騎手の絶好の位置取りでした。

正直これで勝負あったとはしくれは思ってしまいましたが、

やはりそれほど枠順の有利不利は大きかったと思います。

 

ただ、キタサンブラックの強さが好枠で説明できるレベルではなく、

サトノダイヤモンドを抑えて前年の年度代表馬に選出されるだけの名馬だった事は、

疑いの余地がありません。

その証拠に、10年でたった一頭しか3着に来ていない1番人気不振のジンクス

ついにこの馬が撥ね退けました。

このデータですね。

このジンクスを撥ね退けてのGⅠ5勝目。

これは既に同馬が歴史的名馬の域に足を踏み入れた証拠です。

無尽蔵のスタミナを武器に、これからも好枠を引き続けて

はしくれ達競馬ファンを魅了してほしいものです。

 

さて、一通りレースの回顧を終えたところで、

ここからは具体的な復習に参りましょう。

今回は以下の点が反省点です。

 

①枠順の影響が想像以上に大きかった。

②印を付けすぎた結果、買い目を選び損ねた。

 

この2点ですね。

 

キタサンブラックが枠だけで勝利した訳ではないのですが、

かといって今回、枠順が影響しなかった訳でも有りません。

ただ、印を上位に取れたかというと、これは難しいところです。

その証拠に以下の画像をご覧ください。

これは、ゴール手前200m付近の映像ですが、

赤丸がサトノダイヤモンド、

先頭がキタサンブラック、

その間がシュヴァルグランです。

この3頭、枠順そのまま内から外に並んでいますが、

これがそのまま1~3着という結果は、

いかにも枠の影響を感じます。

 

これはキタサンブラックが枠に助けられたというよりも、

サトノダイヤモンドが枠に泣いた

という見方が正しいでしょう。

もちろん、それも予想の範囲内でしたので、

キタサンブラックを本命にできれば一番良かったのですが、

一番外を回って上がり最速のサトノダイヤモンドも、

相当強い競馬をした、というのがはしくれの見解です。

 

今回の天皇賞で、「サトノダイヤモンドでさえも外枠に泣いた」

という事実は、はしくれの反省として記憶に刻み込まれました。

来年以降はこの反省を活かしたいと思います。

 

次に印と買い目ですが、

まず印は正直、多すぎました。

やはり印は4~5頭以内が適当だと思います。

実は戦前、はしくれの買い目は、◎からの馬連流しと、

○から▲△への流しで6点、というものでした。

迷った挙句上記のようになりましたが、

印が少なければこの形にできたと思います。

三連系馬券を狙うのでなければ、印はこれで事足りますね。

前記のとおり買えていれば・・・という後悔がありますが、

このあたりが競馬の難しいところです。

印をもう少し絞るところからやり直しです。

 

以上が復習になります。

ところで皆さんの天皇賞・春は、いかがでしたでしょうか。

的中された方々、おめでとうございます。

はしくれは今回外れたものの、レースの結果には満足しています。

やはり競馬は難しい、でも、面白い!

それを感じられた今日の天皇賞・春でありました。

 

来週からはまた、怒涛のGⅠシリーズが東京で開幕します。

もっと皆さんのお役に立てる情報をお届けできるよう努めて参りますので、

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

*キタサンブラックの関係者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。




天皇賞・春予想(2017)サトノダイヤモンドの取捨は?

こんにちは、はしくれです。

日曜日はいよいよサトノダイヤモンドキタサンブラックが激突する

天皇賞(春)の発走です。

日本最長距離のGⅠ・天皇賞(春)を制するのは、

果たしてどの人馬になるでしょうか。

 

ではまず、いつも通りに「突出したデータ」を探して参りましょう。

 

今回の突出したデータは・・・「人気」です。

以下のデータをご覧ください。

このデータを見て、はしくれは愕然としました。

なぜなら・・・「1番人気があまりにも来ない」からです。

 

これには正直驚きました。

確かに堅くは決まらないのが春の天皇賞のイメージでしたが、

連対のみならず、3着以内にもたった1回しか入っていません。

その一頭も08年のアサクサキングス(3着)まで遡らねばなりません。

これは1番人気が想定されているサトノダイヤモンドにとっては、

とてつもない試練が待ち構えていると言えそうです。

 

しかし、これはどういうことでしょうか。

新馬戦を除けば、人気に推される馬というのは

すべからく実績があります。

まして最高峰のGⅠレース、天皇賞でのこのジンクスは・・・

唖然とするほかありません。

やはりコーナー6回の長丁場、

きついマークで消耗するか、

外に出されてスタミナ切れか・・・。

とにかく、なにが起こっているにせよ

これはサトノダイヤモンドにとって、

非常に脅威のデータです。

 

では、良い方のデータは無いのでしょうか。

ここで次に顕著なデータ、「枠番」が出てきます。

これを見ると一目瞭然、

有利なのは最内枠の1枠だと分かります。

昨年のキタサンブラックも1枠1番で勝利していますが、

1枠1番は5年で3勝、2着1回と優勢です。

今回この枠に入ったのが・・・シャケトラです。

 

データを機械的に読むのであれば、

ここで本命はシャケトラに決まりです。

大外枠のサトノダイヤモンドには、正直苦しい予想であります。

ただ、サトノダイヤモンド自身は、

3000m以上のレースで2戦2勝、京都競馬場では3戦3勝、

関西圏では6戦全勝というとてつもないデータがあります。

 

レースの特色としては本命にはしづらいですが、

この馬自身が人気になるのは納得の理由です。

更に、2番人気で人気を2分する、キタサンブラックはどうでしょうか。

 

こちらも、休養明けの2戦目(叩き2戦目)は3戦3勝、

京都競馬場も3戦3勝、

昨年のこのレース優勝と抜かりない実績です。

その上内枠の3番を引き当て、

いよいよ流れはこちらに傾いているようにも思えます。

 

これは一体どうしたことか・・・。

3着を外す可能性すらサトノダイヤモンドにはある、というデータ。

これには驚きましたが、

やはり本命は◎サトノダイヤモンドで行きたいと思います。

その決断の理由はずばり、

「馬体」にあります。

 

 

やはり、はしくれにはどうしても、

サトノダイヤモンドは生粋のステイヤーに思えて仕方が有りません。

理想的な胴長体型で、お腹がきっちり絞れている。

相当にスタミナの有るタイプに見えます。

これから察するに、

同馬は今までスピードの絶対値よりも

実はスタミナの絶対値で勝ち進んできたのではないか、

とはしくれは思っているほどです。

 

今回は競馬の神様のいたずらで、

あろう事か大外枠の15番、

さらに1番人気を背負わされてしまいました。

ですが、サトノダイヤモンドという馬は、

データに勝るものを持っている馬だとはしくれは思うのです。

今回はこの直観に賭けてみたいと思います。

 

それにしても多士済々の天皇賞・春です。

印は多めに付けたいと思います。

 

◎サトノダイヤモンド(ジンクス撃破に期待)

○キタサンブラック(実績優位)

▲シャケトラ(データが追い風)

△シュヴァルグラン(長距離得意)

☆アルバート(長距離得意&末脚魅力)

×ゴールドアクター(復活警戒)

 

この6頭を選出しました。

買い目は以下です。

 

馬連流しで◎ー○▲△☆×に各100円、単穴▲シャケトラの単勝に100円で、計600円。

 

凱旋門賞を睨むサトノダイヤモンドにとって、試金石の一戦です。

いまだかつて一度も達成されていない凱旋門賞勝利への道の前に、

このジンクスを同馬が打ち破ってくれる事を願っています。

 

 

~青葉賞で三連複的中!「大川慶次郎の予想」はこちら~



青葉賞予想(2017)アドミラブルの取捨は?

こんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に開催される

ダービートライアル・青葉賞の予想をお送りしたいと思います。

 

今回の1番人気はアドミラブルとなりますが、

果たしてはしくれの本命は?

ダービーの権利を巡って12頭の精鋭が集結、

競馬界最大の祭典に望みを繋ぐのはどの馬になるでしょうか。

 

では早速、いつも通りに「突出したデータの発掘」に参りましょう!

 

まず今回の突出したデータですが、

それは「脚質」であります。

早速以下のデータをご覧ください。

逃げ・先行・差し・追い込み・・・

この青葉賞では圧倒的に、差し馬有利のデータが出ています。

これは直近5年間のデータですが、

これを10年に延ばしても、大差無いデータが表示されます。

 

やはり広い東京競馬場で、ダービーを睨んだレースとなると、

始めから飛ばして行く展開にはなりにくいものですが、

走破タイムも2分26秒以上と速くないのが平均的で、

今年も有力馬に差し馬が多い事から、

これに近いタイムでの決着となりそうです。

 

では、1番人気のアドミラブルはどんなレースになるでしょうか。

ペースが速いレースでは控えて競馬をし、

ペースが遅いと踏んだときは前につけて競馬ができる同馬。

これは一概に先行・差しの判断は難しい状況にあります。

ただ、末脚が切れるタイプですので、

そうそう簡単には動かない事が予想されます。

 

じっと溜めて追い出しを待つ。

これは差し馬の基本戦法ですが、

同馬もダービーを見据える立場、

おそらく中団でじっとしているのではないかと予想されます。

これなら差し馬の評価で良いでしょう。

ただ、同馬には不安要素が有ります。

それは・・・

 

初の関東遠征、初の左回り、圧倒的な1番人気を背負う

この3つです。

この3点は同馬にとって、克服すべき課題になります。

ただ、ダービーを狙うなら、ここで経験しておくべき課題でもあります。

その点から考えると、ここでの走りがただの試走で無い事は間違い有りません。

結論としてはやはり、勝負に出るはずの◎アドミラブルが妥当でしょう。

 

それでは、買い目に移りたいと思います。

◎アドミラブルはどの程度信頼できるのか。

先ほどお話した内容から、課題がある事も指摘できました。

その点を踏まえると、絶対視はできないのでは?

というのがはしくれの感想です。

 

その為今回は頭から狙うのではなく、

アドミラブルを「軸」と捉えて

以下に印を回す事にしました。

 

◎アドミラブル

○トリコロールブルー(鋭い末脚魅力)

▲ベストアプローチ(前走は進路差惜敗)

△ダノンキングダム(持ちタイム適正)

×サーレンブラント(同舞台で勝利経験)

 

それでは青葉賞の買い目です。

◎から馬連流しで○~×に各100円、計400円です。

 

さあ、はしくれは皆さんと共に

GWの初日を気分良く迎えることができるのでしょうか?

今週は天皇賞というビッグレースも控えています。

なんとか2つともモノにしたいところですが・・・。

応援、ぜひよろしくお願い致します!!