オルフェーヴルの奇跡の裏で

こんにちは、はしくれです。

今日は「運命」についての後編、

「運命の力」についてお話したいと思います。

 

この話は5年前

当時日本の最強馬だったオルフェーヴル(馬番12)

が残してくれた、「運命」の物語です。

まずはこの画像をご覧下さい・・・。

このレースは競馬ファンの間では語り草になっている、

オルフェーブルの伝説的な一戦です。

通常、このようなレースをした馬が

再びレースに戻る事はまずありません。

それが再びレースに戻り、追い込んでくるという光景は

余程の実力馬だからこそ有り得た光景です。

 

ですが、今日はしくれがお伝えしたいのは

このオルフェーヴルの奇跡では有りません。

ここでお伝えしたいのは、このレースの勝ち馬

ギュスターヴクライ

の方なのです。

 

皆さんは、上の動画を見てどんな印象を受けたでしょう。

当時のはしくれがそうだったのですが、

オルフェーヴルの特異な強さばかりが際立って

勝ち馬に目が行かなかったのではないですか?

 

それは自然な事であり

事実この後もオルフェーヴルは無敵の強さを誇りました。

ですが、当のギュスターヴクライはと言うと・・・。

この後一度も勝つことなく、怪我を発症。

引退を余儀無くされます。

・・・見ての通り、この日は曇天でした。

馬場も少し、渋っていました。

渋った馬場で、一度も馬券圏外に飛んだことが無いギュスターヴクライにとって、

走り易い馬場だった事は確かです。

でも、一番の要因は「仕上がっていた」

これに尽きます。

 

実ははしくれはこの日

馬券を外しました。

なぜなら、ギュスターヴクライを買わなかったから。

今でははっきり分かるのですが、

この日最も仕上がっていたのは

間違いなくギュスターヴクライでした。

それを思い知るのは、このレースのすぐ後の事です。

 

実は、はしくれには相馬眼の師匠が居ます。

それは妻です。

5年経った今でもはっきり覚えているのは、

この時妻は、オルフェーヴルには一切目もくれなかった事です。

自信を持ってギュスターヴクライの単勝を買っていました。

単に好配等を狙うとか、そういう次元じゃないのです。

はしくれは何度となく疑惑の視線を投げかけましたが、

見ての通り、軍配は彼女に上がりました。

その彼女がレース前、言っていたのです。

「この馬、最高に仕上がってる」と。

 

根拠として、この証言が弱い事は承知しています。

ですが、事実勝ったのはギュスターヴクライなのです。

少し相馬眼がある方ならお分かり頂けると思いますが、

もう一度このギュスターヴクライのリンクを見て下さい。

写真には、まさにこの日のギュスターヴクライの写真が使われています。

どうです?きれいでしょう?

この仕上げこそ、一つの最高の仕上げの雛形でもあるのです。

特にツヤ

これは余程状態の良い馬にしか、出ないようなフワフワのツヤです。

ぜひ、今後の参考にして下さい。

この日、

オルフェーヴルが勝つ事に期待する人は大勢いました。

また、オルフェーヴルの負け方を語り草にする人も大勢いました。

でも、勝ったギュスターヴクライを正しく評価できた人は殆ど居ないと思います。

そして、ギュスターヴクライの名前も、

オルフェーヴルの影に消されて、忘れられようとしています。

 

でも、決してこの馬は運だけで勝ったのでは有りません。

仕上がっていたからこそ、運命が見方したのです。

それが、雨をもたらし、最強馬を退け、ゴールへの道を開いた。

そういう運命を引き寄せたのだと、はしくれは信じています。

運命が見方すると、これほどまでに強力に

その馬を勝たせようとします。

これが運命の力であり、同時に利益をもたらす事も

最後にお伝えしたいと思います。

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です