競馬をどうやって楽しむか?④

こんにちは、はしくれです。

今回は前回のマークシートの記入からの続きとなります。

 

マークシートに記入し終わり、

発券機の前に立ったら、

まず「お金を投入」しましょう。

何はともあれ発券機はまず最初に、お金を要求します。(笑)

 

前回お話した応援馬券の購入の際は、

200円をコイン投入口に入れます。

それからマークシートです。

ここで、マークシートに不備が無ければすぐに馬券が発券されますが、

もしも不備が見つかると、

画面には不明点に「?」の表示が、

音声では「~を選んでください」というメッセージが流れます。

 

初心者の方は特に、ここでパニックになりますが、大丈夫です。

時間があればまず、清算ボタンを押して、取り消してしまいましょう。

そうすれば、マークシートとお金はそのまま返って来ます。

一度発券機から離れて、マークシートをチェックし直せば良いのです。

 

初心者だからといって、恥ずかしがる事はありません。

プロの競馬ライターであるはしくれも、

時にはマークシートの不備や、

ひどい時には買い目を間違える事なども有ります。

目の前で間違いに気付き、その場で訂正する方も何度も見てきました。

 

さあ、勇気を振り絞って(?)もう一度発券機に向かいましょう。

そうそう、初心者で不安な方は、

「ビギナー優先」と書かれた発券機を使うのも良いでしょう。

東京競馬場では、パドックからほど近いスタンドの中に、

そういった発券機が用意されています。

 

以前は無かったのですが、やはり需要が多かったのでしょう。

困ったときは、ジャンパーを着たスタッフや、

グリーンの制服の職員の方も快く応じて下さいますので、

気兼ねなく相談しましょう。

 

さて、今一度お金を投入し、マークシートを入れると・・・発券完了です!

おめでとうございます!

無事馬券が発券されましたね。

もし、お釣りのある方はお忘れなく。

はしくれも以前、お釣りを取り忘れ、

次に並んでいた親切な方が、呼んで下さったのを覚えています。

その次のレースで「拾ったも同然のお金だから、使っちゃお!」

と、突っ込んで外しましたが・・・。

あの時のお兄さん、ごめんなさい・・・。

 

さあ、馬券が買えたという事は、いよいよ発走が迫ってきました!

 

次回はおススメの観戦スポットを紹介したいと思います!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です