2017宝塚記念結果・優勝馬は・・・!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は阪神競馬場で、上半期の競馬の総決算

GⅠ宝塚記念

が開催されました。

 

天気予報通りの生憎の空模様でしたが、

各馬の走りに影響はあったのでしょうか。

まずは、はしくれの予想からご覧頂き、

結果の紹介に参りたいと思います。

 

<2017 宝塚記念予想 印&買い目>

◎キタサンブラック(重馬場未知も、戦績・好枠・展開と3拍子揃っている。)

○ミッキークイーン(重馬場歓迎、長く使える末脚が魅力、牝馬で2kg減の恩恵。)

▲ゴールドアクター(重馬場OK、急坂OK、距離OKで鞍上は鬼才・横山典弘騎手。)

△サトノクラウン(重馬場歓迎、好枠、阪神で良績なしもまだ3戦目。)

買い目・・・馬連ボックス◎~△各100円、計600円。

 

以上が予想です。

それでは早速、結果へと参りましょう。

 

<2017 宝塚記念 結果>

 

・・・・・・やりました、はしくれ、的中です!!

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!(*><*)

 

なんと・・・

本命の◎キタサンブラックが9着に沈む中、

相手に選んだ3頭が上位を独占。

的中できたのは嬉しいですが、正直驚きを隠せません。

今回は的中した事の回顧というよりも、

いささか反省が必要となりそうです。

 

それでは、一体何が起こったのか

宝塚記念を振り返り、収支改善へと繋げていきましょう。

 

まずは、スタートからです。

 

 

赤丸で囲んだのが◎キタサンブラックです。

特に目立った出遅れもなく、

この馬自身、いつも通りのスタートが切れています。

 

若干、はしくれの目にはキタサンブラックが走り辛そうに見えましたが、

これはレース後の武豊騎手の談話を踏まえると、

馬場の影響の為とは、言い切れないかも知れません。

 

そして中枠からシュヴァルグラン、シャケトラ

早目にポジションを取りに行きます。

キタサンブラックは、

しばらくこの2頭の外を回る形での競馬になりますが、

殆どそこから隊列が変わらず、

4コーナーまで流れました。

 

 

これは勝負どころの4コーナーの画像です。

ここでまず反省すべきは、

内目を通ると予想していたキタサンブラックが

外目を回ったことです。

 

先行各馬が意外なほど道中飛ばして行き、

キタサンブラックが内目をつく余裕もありませんでした。

ペースはスローを予想していましたが、

この予想は外れています。

そして、そこまでコースの内目も傷んでいないようでしたし、

全体時計を見ても馬場状態はそこまで悪くなかったと言えそうです。

 

そしてここから、直線の攻防となります。

 

 

赤丸で囲ったキタサンブラックは、坂を迎えて後退してしまいます。

大阪杯では良馬場の内目をロスなく回れた同馬でしたが、

ここまで終始外を回り、

且つ途中から長い間速いペースで流れた事が災いしてか、

余力は残されていませんでした。

もしかすると前走の天皇賞で、

実質スローの競馬をした事も影響しているかも知れません。

これは近年、天皇賞勝ち馬の不振が目立つ原因

となっている可能性があります。

 

 

キタサンブラックが失速する中、

終始キタサンブラックをマークしていた

△サトノクラウンが、

更に外から突き抜けて、見事優勝をもぎ取りました。

 

2着にはインで我慢していた▲ゴールドアクター

さすが横山典弘騎手、という巧みなレース運びでした。

そして3着には末脚確かな○ミッキークイーン

 

こうしてみると、

はしくれが予想する際、

相手選びに重視したポイント

キタサンブラックに無いものを持っている3頭

で決着した事が分かります。

 

この3頭の共通点とは、

重馬場の実績です。

 

先ほどお伝えしたように、

全体時計を見る限り、

重馬場の影響は限定的にも見えます。

実際、発表もやや重でしたし・・・。

 

ですが、これはやはり

重馬場に限りなく近いやや重馬場

だったのではないかと、はしくれは思います。

 

それは、レース後の勝利ジョッキーインタビューで

デムーロ騎手がこのような発言をした事からも窺えます。

 

 

「(この馬は)やっぱりこの馬場がすごい合う」

サトノクラウンの手応えは4コーナーで絶好、

直線は軽く追い出しただけで馬なりで突き抜けたと話しています。

実際楽に走れたように見えますから、

これは事実と見て良いでしょう。

 

同馬が重馬場が得意な事は周知の事実ですから、

となると、やはり

キタサンブラックの主な敗因は重馬場

でしょうか。

鞍上の天才・武豊騎手の談話では、

「それだけでこんなに負けない」

という言葉も聞けますが・・・。

 

ただ、これに加えて

ペースアップのタイミングが早すぎた

事も影響していると思います。

実際、前目で競馬した馬は全滅していますので・・・。

 

こういう

絶対的と思われた馬が、本番で散る

という結果は、

はしくれは何度も目の当たりにしてきましたから、

馬連ボックスで買い目を組んだ事

は良かったと思います。

 

ただ、ペースや各馬の位置取りを読み違えた事は

正直まだ自身の予想力に物足りなさを感じています。

今回は買い目に救われましたが、

競馬の難しさを実感する一戦となりました。

 

以上が宝塚記念の回顧と反省になります。

ところで、皆さんの宝塚記念は、いかがでしたか。

 

結果の復習と回顧をする事は、

今後の馬券の収支改善の為には絶対必要な行為です。

「たられば」などと言わずに勝因も敗因も分析し、

これからの競馬生活に役立てて参りましょう。

 

今回、キタサンブラックは残念でしたが、

怪我が無いのが何よりでした。

これからも同馬の活躍が見られる事を心から願っています。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読下さいまして、誠にありがとうございました。

 

*サトノクラウンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。本日は大変おめでとうございました。また、はしくれの的中を願って応援してくださり、ブログのリンクまでして下さったブロガーの neko8netさん 及び cello蔵さん には特に、この場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました(^^)

(尚、当ブログは個人ブログの自由度を最大限に生かすため、こちらからのリンクは限らせて頂いております、各ブロガー様におかれましては、ご理解・ご了承賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。)






2017宝塚記念予想・キタサンブラックの取捨は・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

6月25日・日曜日は、阪神競馬場で

GⅠ宝塚記念

が開催されます。

 

春競馬もいよいよ大詰め。

出走頭数は僅か11頭と少なめですが、

メンバーは揃った印象を受けます。

 

断然人気のキタサンブラックの走りに注目が集まりますが、

馬場状態や枠順、展開を読まない限り、

おいそれとは本命を打てないのがプロの宿命です。

 

ここまで時間がかかりましたが、

前日の馬場状態も踏まえた上で予想しましたので、

是非参考にして下されば光栄です。

 

それではまず、宝塚記念の突出したデータから参りましょう。

 

<2017 宝塚記念 枠順>

 

今回の突出したデータは、枠順です。

 

ご覧の通り、大外枠である8枠だけが抜けた実績を残しています。

これを見れば今回のキタサンブラックが、

外枠を引いたのはむしろ強運

と言えるのではないでしょうか。

 

このところ、例外なく内目を引いて

好枠スタートを切っていたキタサンブラックですが、

要は「追い風が吹いている枠」に入る強運と、

それを活かす能力が噛み合っているのでしょう。

これは好枠に入ったと言えそうです。

 

次に気になるのが当日の馬場状態です。

 

前日・土曜日の時点では、まだ芝は良発表。

土曜のメイン・垂水ステークスでは、

勝ち馬シルバーステートが、レコードタイ記録で駆け抜けるなど、

高速馬場が維持されています。

 

先週もレコードが出ていた芝状態で、

コースの状態は限りなく良いと言って良いと思います。

ただ・・・。

 

 

阪神競馬場の天候は、夜中に強雨。

その後も晴れ間は望めそうになく、

馬場は重馬場になりそうです。

少なくとも良の高速馬場ではなくなると見て良いでしょう。

 

更に、日曜当日には芝のレースが5レース組まれており、

この間に芝の状態が更に悪化する懸念があります。

特に4コーナーから直線にかけての傷みやすい部分において、

最後の末脚の伸びに影響が出ないとも限りません。

恐らくインを選択するキタサンブラックのコース取りが、

少なからず気掛かりです。

 

もう一つ、

キタサンブラックは走法的に、跳びが大きく、

重馬場では滑りやすい走法ではないかと思います。

重馬場の巧拙には諸説ありますが、

はしくれは走法から巧拙が出やすいと判断していますので、

この馬場状態は正直歓迎できません。

 

前に行く馬が乏しく、スローで前残りになりやすいとは言え・・・

絶対的ではなくなった感は否めません。

 

これらの事を総合すると、キタサンブラックの取捨は考え物ですが・・・。

 

それでも、本命は◎キタサンブラックにします。

主な理由は2つです。

 

まず、最大の理由は

一度負かした相手ばかりのメンバー構成である

という事です。

 

この事実は重いです。

重馬場になったからって、他馬に簡単に逆転できる可能性が増えたかというと、

そうとはやはり、言い切れません。

キタサンブラックにとって重馬場は試練ですが、

その事実一つで崩れるような戦績ではありません。

 

ペースも例年前傾ラップでハイペースになりがちですが、

ここはまずスローで運べる前有利な展開が予想されます。

安易に馬場の悪化だけで逆転できるほど、

この馬自身の充実度・及び武豊騎手は甘くない、と判断しました。

 

個人的には日本一先行が上手いのは、

ペースが読みきれる武豊騎手だという考えもあります。

キタサンブラックの主戦としてはこれ以上ないパートナーです。

本命を託します。

 

そして、単勝も1倍台、且つ馬場状態から

絶対的とも言い切れない点

を考慮して印を付けると・・・。

以下のようにまとまりました。

 

<2017 宝塚記念予想 印&買い目>

◎キタサンブラック(重馬場未知も、戦績・好枠・展開と3拍子揃っている。)

○ミッキークイーン(重馬場歓迎、長く使える末脚が魅力、牝馬で2kg減の恩恵。)

▲ゴールドアクター(重馬場OK、急坂OK、距離OKで鞍上は鬼才・横山典弘騎手。)

△サトノクラウン(重馬場歓迎、好枠、阪神で良績なしもまだ3戦目。)

買い目・・・馬連ボックス◎~△各100円、計600円。

 

良馬場であればキタサンブラック軸が妥当だと思いますが、

天気予報が当たれば今回はまず重馬場。

いかなキタサンブラックの実力と言えど、

この部分で強気にはなれません。

 

競馬が早めに動く事も考えられますし、

他馬にとっては持ちタイムの不安がなくなるので・・・。

今回はボックスを選択しました。

 

果たして試練を乗り越えて、キタサンブラックは勝利できるのでしょうか。

精一杯応援したいと思います。

 

それでは、名馬・キタサンブラックの走りに期待して・・・。

今回はこの辺で。

ご精読、ありがとうございました。





2017夏至ステークス予想

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日の東京メインレースは、

準オープンのハンデ戦、夏至ステークスです。

 

東京のダートマイルと言えば

その年最初のGⅠとなるフェブラリーステークスの舞台でもあります。

 

今年の夏至ステークスは昨年までの距離を変更し、

このダートの根幹距離へと生まれ変わった様相です。

その為、近年のデータはあまり役に立ちそうにありません。

ですので、ここは東京ダートマイルの一戦

という考えで臨みたいと思います。

 

<2017 夏至ステークス 印&買い目>

◎シュナウザー

○レッドゲルニカ

▲クロフネビームス

△ルールソヴァール

買い目・・・◎~△馬連ボックス各100円、計600円。

 

今回も前回同様、結論から入りました。

 

まずは◎シュナウザーですが、

同馬は前走で当該コースを圧勝している点が好感でした。

まずはざっと馬柱を眺めるはしくれですが、

一番最初に目に留まったのがこの馬です。

 

やはり成績に勢いがある馬というのは、

どんな時でも警戒が必要ですし、

同馬は走破タイム的にも、昇級戦が気になりません。

 

クラスが一つ上がれば競馬は違ったものになりますが、

前走の勝ちっぷりからも楽しみな一戦です。

また、東京ダートマイルでは連対を外した事が無いのも魅力です。

 

次に○レッドゲルニカ

この馬は写真があるのでご覧頂きましょう。

 

 

ちょっとハレーション気味ですが、

筋肉隆々なのがお分かり頂けると思います。

因みにこの時3着でしたが、

お腹周りに余裕がありましたね。

 

今回は休み明け3戦目と好走の下地もあり、

このお腹が絞れてくれば十分勝ち負けになりそうです。

まだ4歳と若く、トップトレーナー・藤沢和雄調教師の管理馬ですから

58kgのトップハンデでも怖い存在です。

 

そして▲にクロフネビームス

同馬の決め手は騎手です。

鞍上の吉田豊騎手が、

軽量で乗れるショウナンカサロよりも、

こちらを選びました

 

これははしくれが良く使う手段ですが、

競走成績もタイム差を見れば安定しており、

昨年の秋に当該コースで好走しているのも評価しました。

他馬との対戦比較でも、上位の存在と言えそうです。

 

最後△にはルールソヴァール

この馬もクロフネビームスと同じ前走・薫風ステークスを使ってきました。

ですがこの時ハンデ差2kgをクロフネビームスに与えており、

同斤量の今回は逆転の余地が有ります。

 

また、レッドゲルニカ同様に

休み明け3戦目の好ローテーションにも期待が持てます。

血統的にはGⅠ馬サウンドトゥルーを兄に持ち

そのサウンドトゥルーの調教師・高木登調教師の管理馬なのもクサイです。

更に鞍上はサウンドトゥルーとコンビを組んだ大野騎手。

ブリンカーも着用し、チーム力で勝負を賭けます。

 

馬場状態と展開としては、

良~やや重でやや時計がかかる馬場状態で、

ペースはミドルハイと見ました。

先行して抜け出しを計るシュナウザーに、

末脚に賭ける3頭が迫る展開を予想です。

 

買い目としては、

前目に行きたい馬が複数居る為、

差し決着も考慮しての馬連ボックスとしました。

レースが今から楽しみです。